入学する前にコミュニケーション能力を育てる

みんなで取り組むスポーツ

スポーツで人見知りを改善する

サッカーや野球などのスポーツは、みんなで協力しないと相手チームに勝つことはできません。
協調性を学ぶには、ピッタリのスポーツだと言えるでしょう。
自分勝手に行動していると、ずっと負け続けてしまいます。
協力して勝つことを意識して、そのために自分には何ができるのか考えさせてください。
自分で考えることが重要です。
スポーツを始めた当初は、まだチームになじめないかもしれません。

しかし同じメンバーでまいつも練習して、試合をすることで自然とチームメイトと仲良くなれます。
頑張っているメンバーを応援することも、信頼関係を築くことに繋がります。
スポーツに取り組むことで体力も身に付くので、幼児の頃から始めさせましょう。

上下関係を学ばせよう

スポーツには、上下関係があります。
先輩やコーチの言うことを、しっかり聞かなければいけません。
協調性がないと、他の人の命令を素直に聞くことができなくなってしまいます。
学校に入学してからもその調子では、問題児扱いされるでしょう。
幼児の頃から上下関係を理解していれば、目上の人を敬ったり、言うことを聞いたりするので安心です。

また後輩ができれば、面倒を見るようになるので優しい気持ちが芽生えます。
練習を教える時に、どうすればうまく伝わるのか考えることもできます。
またスポーツに取り組んでいれば、練習試合でたくさんの同世代の子供と関われます。
単純にコミュニケーションを取る機会が増えるので、人見知りを改善できます。