入学する前にコミュニケーション能力を育てる

人見知りを直すために

子供の性格を理解しよう

家族の前では、普通にコミュニケーションを取れるかもしれません。
ですが知らない人の前では、自分から話しかけることができない子供が見られます。
ずっと家の中で遊ばせているだけでは、子供の本当の性格がわかりません。
公園に行くと、同じ年齢ぐらいの子供が遊んでいます。
その中に混ぜてもらいましょう。

子供が緊張して話しかけられずにいる場合は、親が少し手助けをしてあげてください。
親が初めて会う子どもに話しかけるなど、仲介役をしてください。
慣れれば、仲介がなくても子供が自分で他の子供に話しかけることができるでしょう。
たくさんの友人を作ることができれば、小学校に入ってもすぐ新しい友人を作れるので、充実した学校生活を送れます。

成長してからでは難しい

なぜ、人見知りを改善するのは小学校に入る前がいいと言われるのでしょうか。
友人を作れないと寂しい思いをするのはもちろん、改善が難しくなるからです。
ある程度成長すれば、人間は性格が固まります。
小学校に入っても人見知りをする性格なら、これから先も同じでしょう。
大人になってから自分の性格を変えるときは、かなり大きな努力が必要になります。

まだ幼児のころなら性格が固まっていないので、簡単な努力ですぐに人見知りを改善できます。
子供の将来に関わるので、コミュニケーション能力を向上させておきましょう。
コミュニケーション能力が高いことは、アピールポイントになります。
もっと大きくなって仕事をする時にも、活かせる長所です。